NPO法人森林ボランティアトモロス

<活動報告>

森林・山村多面的機能交付金事業とは

森林は、生物多様性の保全、土砂災害の防止、水源のかん養、保健休養の場の提供などの極めて多くの“多面的機能”を有しており、私たちの生活と深くかかわっています。

ですが、近年森林・林業を支える山村において、過疎化等の進行に伴い、地域住民と森林との関わりが希薄化し、森林の手入れが行われなくなったています。そのため竹の侵入等による里山の荒廃が進行し、森林の有する“多面的機能の発揮”が難しくなっています。

森林の多面的機能を持続的に発揮させていくためには、山村地域の住民が協力して里山林等の保全管理や森林資源の利活用を実施していく体制を整えることが不可欠です。

このため、林野庁が公益財団法人 大阪みどりのトラスト協会を通じて、活動団体に生物多様性の保全活動を目的とし、平成25年度から森林・山村多面的機能発揮対策助成金を交付し事業の促進を図っています。               (大阪さともり地域協議会HPより引用)

戻る

今年度から、

大阪さともり地域協議会の「森林・山村多面的機能発揮対策交付金事業」

として行うことになりました。

活動データ

5月21日(土)晴れ 9時30分~15時00分

            活動参加者    21名