NPO法人森林ボランティアトモロス

<活動報告>

戻る

常緑広葉樹(照葉樹)が優勢となるこのエリアの雑木林は、どうしても暗い印象をぬぐえません。
アオキ、アラカシ、ヤブツバキやヒサカキなどの一部を除伐対象とするのも一つの考え方です。
そのため、これらの樹種に印をつけました。

同時に、外部(府下所在の遊園地)からの依頼で、ハロウィンイベントに利用する箒の柄
となる材を生産しました。

活動データ

8月21日(日) 曇り 8時30分~11時30分
            活動参加者   14名