NPO法人森林ボランティアトモロス

<活動報告>

岩湧の森四季彩館(河内長野市)が主催する市民参加イベント「森に学ぶ」への協力活動として実施しました。午前のプログラムは、四季彩館において市の森林プランについて説明を受けたあと、トモロス堀理事長を中心に参加者全員で自然環境保全や森の資源活用をテーマに意見交換を行いました。午後からは「すぎこだちの道」付近の林内で、間伐の体験をしてもらいました。
河内長野市の森林プランについて
この後、玉切りをして体験を終了しました。
伐倒木の枝処理をして
子供さんの参加者も。
伐倒方向に受け口を切り、
反対方向から追い口を入れ倒します。
この日は女性の参加者もおられました。
樹皮をはがします。
間伐材(ヒノキ)を選定し、

活動データ

6月9日(日)曇り 9時20分~16時00分
          活動参加者 一般 30人
               トモロス会員 14人

特別活動
四季彩館 森に学ぶ 2013年6月9日(日)
戻る
これからの森林はどうあるべき?