NPO法人森林ボランティアトモロス

<活動報告>

戻る
 本日の作業を終了し引き上げるトモロスメンバー

河内長野市の所有地で市公園緑化協会が管理する上原環境緑地は、もともとあった雑木林に
竹林が侵入し「荒れた竹藪」となっています。
このプロジェクトは、このエリア(約1.1ha)を最終的に市民の憩える空間として再生させることを目指してスタートしました。トモロス、河内長野市、市公園緑化協会の三者により活動協定書を締結し、
まずは3年間の事業計画に基づいて実施すことになっています。

       (8月23日、作業開始前)

活動データ

参加者
8月23日(土) 曇り 
8時30分~12時00分  17名
8月24日(日) 曇り
8時30分~12時00分   8名