NPO法人森林ボランティアトモロス

<活動報告>

TOP
戻る

蟹井神社林(紀見峠)立木調査 2013年4月13日(土)、14日(日))

今回は、紀見峠蟹井神社所有林の立木調査を行いました。蟹井神社所有林の林内の様子を確認し、各班に分かれて10m四方を区画し、区画内の立木本数を数え、林分密度管理図により、間伐本数を決めました。この方法は、トモロスにおいても数年前から、菊川顧問の指導により、数多くの間伐手法の中から、比較的簡易で定量的な判断が可能とされる「林分密度管理図」による手法を試行したものです。間伐する木を選別し、テープを巻き、次回間伐することになりました。

杭を打ってひもで区画します

区画の一辺の長さは10mです

皆で林内の観察をしています

かわいい春蘭を見つけました

作業終了です お疲れさまでした

間伐対象の木に赤テープを巻きます

区画内の木の番号付けをします

木を1本切り、高さと年輪を確認します

メジャーで長さを測っています

作業開始です

堀理事長から本日の作業説明です

作業開始の朝礼です